洗い過ぎはテカリの原因に

メンズスキンケアNavi

洗い過ぎはテカリの原因に

男性ホルモンの影響で皮脂が多く分泌されやすくなっており、テカリやべたつきを気にする人も多いでしょう。
メンズ用の洗顔料の多くは、強い洗顔力で皮脂を落とすことを重視しています。
また、清涼剤が配合され爽快感があるものがほとんどです。
しかし、皮脂をすべて洗い落としてしまうと肌はガードを失って弱ってしまいます。
そのため、肌は失った皮脂の層を復活させるべく、さらに皮脂を分泌するようになります。
乾燥肌だったと思っていたのに、近ごろ皮脂でテカるようになってきたという人は洗い過ぎのサインです。

また、男性の肌は皮脂の量に反して、水分量は少ない傾向にあります。
女性と違い、普段からメイクなどでカバーしてないため肌がむき出しの状態であることが原因です。
空気の乾燥や、紫外線などの影響を直に受けていることが影響しているのです。
さらに、肌のダメージをケアする習慣がないということもあります。

洗顔では余分な皮脂は落としても、必要な分は残すということが重要です。
そして、清涼剤などの揮発性が高い成分は水分を蒸発させるため、なるべく含まれていない製品を使う方が良いのです。
10代の若い肌は保水力も高く、皮脂の分泌力もあるため洗顔にこだわらなくても大丈夫だったりします。
しかし、20代、30代と年々その力は落ちていきます。
シワや乾燥など気になるようになってきたら、洗顔から変えるようにしましょう。

ごしごしこすらず、泡で洗うようにするだけでも大分違います。
大人の肌には大人の洗顔を。
余分な汚れは落としても、必要な皮脂や水分を残すことを心がけましょう。